昆虫食は危険かなと思いつつも食べてみたいならこんなレストランがありますよ

 
イメージです
 

新大久保はエスニック料理などエスニック関係で全国に名を馳せていますが、おとなり高田馬場はジビエ料理関係で注目を浴びつつあるんです
 
「獣肉と珍味の乱痴気さわぎ」「血湧き肉踊る酒池肉林の世界」といったい何事が起っているのかと思いきや、こちらのお店は話題になりつつある昆虫料理を提供しています。
 
もはや、昆虫料理はゲテモノ料理ではなく飲食業界の間では王道になりつつある、、
 
かどうかは分からないがイナゴ、カイコ、スズメ蜂、サソリ、蟻などは牛や豚などの動物の肉と同じ位タンパク質やミネラル、肉よりも良質だという脂肪までしっかりと摂取できるんだそうです。
 
ダイエットに有効といわれるオメガ脂肪酸まで摂取できるらしい。
 
そのうち「ちょっとアリチャーハン食べてくるわ」とか「きのうのこおろぎラーメンうまかったぁ~」という会話が交わされる日もそう遠くないのかもしれません。
 
30年後には世界の人口は97億人になると国連の統計があり、自給率が低いわが国は食料獲得競争に巻き込まれる可能性大。
 
食料危機にいたった時には隣のおじさま、おばさま、小学生はたまた仕事帰りのサラリーマンやOLが捕虫網を片手に街を徘徊することに、、という事態も考えられなくもない。
 
「公園でセミを穫ってはいけません」という看板が出たのは記憶にあるところ。地域住民が食料不足を補うため夜な夜なセミ穫りをしていたわけではなく、セミを食べるのを常としている国の人がふるさとをしのんで「たまにはセミで一杯やろうか」というのが理由らしい。
 
4000年の昔から中国ではサソリが王族の食べ物であったし、ゲンゴロウにいたっては噛み砕いたあと、柔らかい肉の渋みが辛口の日本酒との相性抜群だとか。
 
いずれにしても虫くんたちにとっては受難の時代かも。
 
さて、血湧き肉が踊って乱痴気騒ぎできるのは宮下企画さんのお店「米とサーカス」高田馬場だけでなく渋谷パルコ地下の鳥獣虫居酒屋、錦糸町にも出店しています。米とサーカス
 
もうゲテモノ料理とはいわせない
 
と言ったかどうかは分かりませんが、江戸の香りただよう下町、日本橋馬喰町にもありました。昆虫食レストラン「アントシカダ」
 
タランチュラをクリアしたわたしは昆虫食初等科を卒業し、いよいよ昆虫食での大学院のマスターコースを目ざすなか、発見したのが「アントシカダ」
 
「アントシカダ」ANTCICADAは大伝馬町にある日本経済新聞という日本橋界隈のカルチャーニュースを発信するサービスが紹介しています。
 
アントシカダは蟻(アント)と蝉(シカダ)メンバーは地球少年篠原氏をはじめ、たべものがかり、発酵家、はらぺこむしというニックネームの諸氏そして料理人の白鳥氏。
 
コロナウイルスのため日曜日にコオロギラーメン、金土に予約制のコース料理のみ。2種類のコオロギで出汁をとった感謝の一杯のラーメン、個性豊かな地球の恵みのコース料理を提供。
 
コオロギラーメンは二種類のコオロギをブレンドし、コオロギを発酵させたコオロギ醤油や自家製のコオロギ油を使用しさらにコオロギを練り込んだ麺とハンパ無い。
 
コンセプトは地球を愛し、そして探求。つまり動物、植物、虫を分けへだてなく愛す。地球からの贈り物を五感で味わい、、視点や価値観を拡げる。地球を味わうと。
 
最後に「食は作業ではなく冒険」と日頃漫画本片手にご飯を食べているわたしが忘れていた大切なことを教えてくれそうです。
 
しかしながらこのアントシカダさんのサイトトップを見た時は驚愕で言葉がなかったです。アントシカダ
 
他にもメニューに黒ビール、ジン、蚕沙茶もあり材料はいずれもフタホシコオロギ、タイワンタガメ、蚕の糞であります。
 
さて、お江戸日本橋をはなれて岐阜へと脚をのばすとこちらには「へぼ料理」ヘボい料理ではなく見た目をしっかりと裏切るその味は「へぼ釜飯定食」
 
「へぼ」とはクロススメバチです。クロスズメバチの幼虫を炊き込んだ釜飯で、釜飯といえば何と言ってもおぎのやの有名駅弁「峠の釜飯」
 
釜飯は出来上がって「サテサテ」と小さな釜の上のフタを開けるときの期待感。しかし「へぼ釜飯」はフタを開けた時はギョッとなります。
 
へぼ釜飯にはスズメバチの幼虫が、、さらにウワッなんと親蜂さえ入っていて見た目は「ホナ、サイナラ」ですがひとくち食べてみると「食べやすくてとてもおいしい」と価値観が逆転し、しかも炊いたお米と相性抜群。
 
海から離れた山里で「へぼ」は貴重なタンパク源で以前は甘露煮にしていました。
 
昆虫食で冒険をしたいならこちらをチェックね